top of page

荒巻 勇仁、葛藤を描いた一曲「未成人」リリース

福井県出身のシンガーソングライターとして活動する荒巻 勇仁は、“大人”達の言葉にどれほどの重みを感じるのか、大人と子どもの間で揺れ動く葛藤を繊細に描いた一曲「未成人」をリリース。


明るさを欠いた未来にも、希望を抱いて生きるようにと語る大人っぽい人たちの言葉に、どれほどの重みを感じるだろう か?年齢を重ねても変わらない心の内側に対する不安や矛盾に対して 、我慢し続けることの果てに枯れていく心。そんなお藤や苦悩を描きながらも、「諦めてしまおう、良い子でいると損するか ら」と抵抗し、自店しながらも何処か感めを与えてくれる1曲となっている。



荒巻 勇仁について

2001 年3月19日 生まれ。

福井県出身のシンガーソングライター。2018年から地元福井で音楽活動をスタート。

2022年4月に1stアルバム「Repaint」をリリース。

TikTok Spotlight 2021のファイナリストに選出された楽曲「不透明」や THE FIRST TIME STAGEファイナリストhapi をフューチャリングに迎えた 「パラレルセント feat.hapi」を収録。 2022年11月5日に配信リリースされた 「天才になれなかったので」は、 TikTok 内で多数の動画に使用され、総再生回数が約1億回を超えている。


リリース情報

『未成人』


配信日:2023年8月30日(水)

label:DAMMERUNG Records



Comments


bottom of page