top of page

KOMONO LAKE、前向きな別れを感じさせる「笑って」を含んだEP「Three By Three」リリース


シティ・ポップ、昭和歌謡やSoul/R&Bに影響された音楽性を特徴としたスリーピース・ユニットKOMONO LAKEが、3rd EPとなる「Three By Three」をリリース。


前向きな別れを感じさせるリード曲「笑って」に加え、ドリーミーなバラード風の新曲「Karaoke」を含む全6曲収録。2月には初のフェス出演を果たしたほか、1月にはTuneCore Japan 「WHO AM I?」キャンペーンに選出、前作シングル「内臓のままに」がSpotify公式プレイリスト「RADAR: Early Noise」へセレクトされるなど、話題が絶えないアーティストの"今"を詰め込んだ注目のEPとなっている。

また、3月25日(月)には東京・竹芝BANK30にて開催される『TALIKA JAPON presents MOMENT feat. KOMONO LAKE』に出演するほか、4月14日(日)には東京・恵比寿TimeOut Café & DinerにてSpotifyのプレイリスト『Fresh&』に連動したイベント『Fresh & Room vol.02』への出演も決定している。


 
リリース情報

EP「Three By Three」

Artist: KOMONO LAKE

RELEASE Date: 2024/03/13


Tracklist:

  1. 笑って

  2. 春砂漠

  3. 内臓のままに

  4. One By One

  5. Karaoke

  6. Silence


Credits:

[M1〜4]

Lyrics:SKYTOPIA, Kanbin & Kuroji

Composition:SKYTOPIA, Kanbin & Kuroji

[M5]

Lyrics & Music:SKYTOPIA

[M6]

Lyrics:Heine H & Kanbin

Music:SKYTOPIA, Kanbin & Kuroji


アーティスト情報

KOMONO LAKE


多様なバックグラウンドを持つスリーピース・ユニット = KOMONO LAKE (コモノレーク)。イラストレーターとしての側面も持つ台湾在住のシンガー・Kanbin、元Kero Kero Bonitoとしても知られるロンドン出身のプロデューサー・SKYTOPIA、Night Tempoほかサポートワークもこなすベーシスト・Kurojiにより2021年に結成。シティ・ポップ、昭和歌謡やSoul/R&Bに影響された音楽性と、東京と台湾の二拠点から展開するボーダレスな活動を特徴とする。

Comments


bottom of page