top of page

Has-ki、生死とその後がテーマのEP「FILM」リリース、リード曲は韓国のyellow willowがプロデュース。


福岡県福岡市を拠点に活動しているラッパー「Has-ki」がEP「FILM」をリリース。

アルバムタイトル曲「FILM」のビートを担当したのは韓国のプロデューサー「yellow willow」。クラシックかつ現代的なビートに人生を1本の映画に置き換え、産まれてから死ぬまで、また死後の世界に出会うまでというそれまでのHas-kiが作ってきたストレートな歌詞とは打って変わった「芸術的」な1作となっている。


 
リリース情報

Digital EP「FILM」

2024.2.21 Release

  1. FILM

  2. Neon Sign

  3. 惑星通信 feat. Mel


配信リンク

MV情報

Has-ki/FILM 【Official Music Video】

※2/21 19:00に公開。


アーティスト情報

Has-ki


福岡を拠点としている20歳のラッパー。14歳からフリースタイルを始め、16歳から本格的に曲作りをスタート。自主制作した楽曲が「Fukuoka Collective (現:SPACE SHOWER FUKUOKA)」に特集される。「Has-ki」に改名後、2021年10月リリース「かぷせるわーるど」は、TikTokでも人気を博した。2022年にフルアルバム「Normal」・EP「Diary 1」リリース、プレイリストやLOVE FM・ZIP-FM・bayfmなどに次々とプッシュされ、「One room」はCRJA FUKUOKAチャート2位を獲得、「blue sky」はティーンカルチャーやSpotify Japan 急上昇チャートにリストイン。近年は、ADD CREATIVE・Gerardparmanなどと共作、釈迦坊主・サイプレス上野・SONOTAなどと共演するなど、J-Hip hopを軸にしながらもその枠を広げていく活動を行う。


Kommentare


bottom of page